イケメンにメロンパン半分食べる?と言われて

私が自動車教習所に通っている時に
ドキドキした話です。

女子校に通っていた私は、18歳になって
すぐに自動車学校に通い始めました。

高速道路の教習の前だったと思うのですが
機械を使ってシュミレーションをするという授業がありました。

予約制で、親しい友人がいなかった私は
個人で申し込みをしました。

3人そろうと授業が受けられる仕組みになっていて
私は知らない男の子二人と教習を受けることになりました。

その男性の一人がとてもかっこよくて
女性校だった私にはまぶしく見えました。

シュミレーションの教習は2時間ほどあり
一時間終えた後、休憩時間がありました。

その時、そのかっこいい男の子が
メロンパンを食べ初め、しかもそのメロンパンを半分にわり
私に「半分食べる?」と言って
半分渡してくれたのです。

男性に免疫がない私は、倒れそうになりました。
恋人でもないし、会ったばかりなのに
メロンパンを分け合って食べることに
衝撃をうけました。

査定にもってこいなのは

左ハンドルに憧れていた頃のお話

私が小さな頃から車が好きでした。
私の父が勤めている職場に何故か車のタコメーターがあったのでそれで良く遊んでいたりいました。
私が小学校中学年だった当時、私の父の職場に外車に乗って出勤してくる従業員の方がいました。
その方の乗っている車はBMWだったのですが、その車は左ハンドルでした。

外車に憧れを持っていた私は当時、大変強い関心を抱きました。
そして左ハンドルといういままで見たことのないような構造にすっかり魅了されてしまいました。
私の住んでいる地域は比較的田舎だったもので、左ハンドルという車は殆ど無かったかと思います。

私はたまに父の職場を訪れては、その車をじっと観察していました。
それに見かねたのかある日、その車を所有している男性の方が私を車に乗せてドライブしようかと提案してくれたのです。

私は大喜びしました。そして胸に期待を寄せながら車の助手席に乗りました。
普段とは逆の席に座った私の目には、全ての光景がとても新鮮に映りました。

勇ましいエンジン音や200km以上まで表示ができるタコメーターにもとても感動しました。
しばらくしてその男性はそのBMWを手放してしまったようですが、今でも私は左ハンドルの車を見ると当時の思い出が甦ってきます。

車のお気に入り4

レトロ風な渋い車に乗りたい

僕は車に関しては殆ど知識がなく、免許も合宿で2年ほど前に取ったのですが、学生で下宿をしているので実家に帰った時くらいしか運転する機会がありません。ペーパードライバーです笑

ですが、将来乗りたい車に関しては何となく憧れがあります。まず、外車に乗りたいです。ピカピカの高級車もかっこいいと思うのですが、もっと昔の映画に出てくるようなちょっとボロい外車に乗ってみたいと思っています。

それも安っぽいアメ車とかじゃなくって、ベンツみたいな高級車がいいです。日本人は車は本当に大事にしますし、街中を走っている車なんてほんと奇麗で殆ど傷なんてついてないですよね?

またちょっとへこんだりするとすぐに修理します。でも海外の車って本当に汚くて、日本で言ったら廃車レベルの車が普通に走ってたりするんです。僕はそっちの方がなんか味が出てて好きなんです笑。

具体的な車種をあげろと言われても、全くの無知なので分らないんですが、例えるならちょっと前の椎名林檎さんの曲のPVに出てくるようなレトロな外車です笑。

理想的には、ベンツに乗っているけど、車の外見なんて全く気にせず、ドアを閉める時は足で蹴って閉めるようなそんな渋い大人になりたいです。ちょっと変わってますけど、これが僕の憧れの車です。

  • バス 買取
  • 外車 買取
  • 昔のミニクーパーって本当に味があるんですよね

    今私は国産の軽自動車に乗っていて不自由を感じることはないんですが、本当はミニクーパーに乗りたいと思っているんです。

    最近のモデルチェンジをした新しいミニもいいんですが、本当に乗りたいのはあの何とも言えない可愛らしいフォルムをした先代のミニクーパーです。

     

    もちろんマニュアル車で色々と不便を感じるところが多いような自動車らしいんですが、あの現代では作り上げることが出来ないような独特の形をした車体がなんとも愛らしいんですよね。

    一応オートマ車もあるらしいんですが、やっぱりミニクーパーと言ったらマニュアルだと勝手に思っているので、いつかお金が貯まったら買おうかと思っています。

    だけどこのめんどくさい車を買うことを家族が許してくれるかどうかというのが悩みの種なんです。まぁ何とか説得をして買えることを願って貯金しようと思っています。

    自分の車が嫌われた瞬間

    以前に友人たちと合計8人で夏の暑い時期にドライブに出かけたことがあります。車2台で出かけましたが、自分の車に4人、そして友人の車に4人を乗せて出かけました。

    当時自分の車はクーラーの調子が悪かったために、窓を全開にして走りました。
    確かに涼しい風は入ってきましたが、話し声が風の轟音にかき消されてしまい、車内での会話は全く成立しませんでした。

    しかしガソリン代を割り勘するということでドライブに出かけたために、自分の車に乗り込んだ友人たちは、クーラーを使わない分ガソリン代が安くなることを期待していました。

    そしていざガソリン代を計算したところ、クーラーをガンガン効かせて走っていたもう一台の車の方が燃費がよく、結果的に自分たちよりも安いガソリン代でドライブできたのです。この事実を知った瞬間、友人たちから自分の愛車が白い目で見られるようになりました。

    ⇒車査定ガイドへ


    車買取ドットコム

    普段は自宅で脱毛器を使いムダ毛処理をしていますが、
    生理中のお手入れは肌が荒れるし冬だとブーツを履いたり
    タイツを履いてしまえば見えないのでさぼりがち。

    先日、生理終わったばかりで
    まだムダ毛の処理をしていなかったそんな時に突然、
    好きな人から食事でもしないかとうれしい電話が。
    急いで仕事を終わらせて家に戻りたいところでしたが、運悪く残業に。

    家に戻ってる時間がないので会社の近くに住んでいる同僚に頼みこみ、
    同僚の家へ行くことに。私は肌が弱いので、
    普段は脱毛器を使いカミソリやテープは使わないのですが、
    肌が弱いなんて言ってる場合じゃないと脱毛テープを購入。
    そして脱毛テープを使って脱毛してみたのですが、肌が弱いのと、
    冬時期で肌が乾燥しているために、
    テープを剥がしたらみごとに肌が赤く腫れてきた。
    これではダメだと今度は毛抜きを使い、
    目立つムダ毛を1本1本抜いてみることに。
    しかし、予想通り抜いたムダ毛の毛穴も赤く腫れてきた・・・。

    こんなことならムダ毛処理を面倒くさがらずに家でしておくんだったーと大後悔。
    結局彼とは食事をし、その後いい雰囲気になりかけたけど、
    足は赤く腫れて痛いし、まっすぐ家に帰ることに。
    冬だからと面倒くさがらずお手入れしないといけないですね。
    その後友達からミュゼ 口コミを聞いて更に大後悔!
    永久脱毛って今はすごくお手軽なんですね。

    車の後ろから雨雲が追ってくる

    私が小学生5年生の頃です。
    父の転勤で、愛知県の郊外へ引越しをしました。

    そこは、道路が広く、自動車 査定好きの父は、毎週日曜日になると、車を走らせます。
    大抵は、私と妹を乗せて。

    ある夏の日、琵琶湖に連れて行ってもらいました。

    もちろん日帰りですが、母の握ってくれたおにぎりと水着を持って。
    琵琶湖につくと、水がすごく澄んでいて、底の砂まで見えます。

    もちろん海水浴場ではないので、着替える場所はありません。
    ちょっと恥ずかしかったけれど、車の中で水着に着替えて、泳ぎだします。

    波が無いのが不満ですが、
    透明な水の中で泳ぐのはとても気持ちが良かったのです。

    しかし、しばらくすると、父は、私と妹を急かします。
    雨雲が来るから、帰ろうと言うのです。

    さっきまで晴れていた空が、帰りの車の中からも真っ暗になっていくのが見えます。
    そして、大雨が降ってきて、雷まで鳴り出しました。

    私達は、追ってくる雨雲から逃げるように帰りました。

    Hello world!

    WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • メタ情報